巨人新人合同自主トレがスタート、D1位平内は「けがなく1軍に呼んでいただけるように」

 巨人は14日、川崎市のジャイアンツ球場で新人合同自主トレをスタートさせた。原辰徳監督(62)、阿部慎之助2軍監督(41)、新任の桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)らが見守る中、新人選手が汗を流した。

 D1位・平内龍太投手(22)=亜大=は初日を終え「思ったより自分でも体もしっかり動けていたのでここまで準備できていたかなと思います」とほっとした表情。視察した原監督は春季キャンプの1軍メンバー入りも示唆しており「けがは絶対になく、そこに呼んでいただけるようにつくっていきたいと思います」と力を込めた。

 昨年6月にトミージョン手術を受けた同2位・山崎伊織投手(22)=東海大=はキャッチボール以外はフルメニューを消化。キャッチボールも約15メートルの距離で行い、順調にリハビリを進めている。「体力面、精神面、技術面で今より何倍、何十倍も成長していかないと活躍できないと思う。すべてを意識高くおこなっていきたいと思います」と表情を引き締めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ