阪神・井上、大谷バットでさらに飛翔や!ロッテ安田からゲキ「1軍で残してナンボ」に燃えた

 大谷バットで進化! 阪神・井上広大外野手(19)が12日、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(26)が使用するモデルのバットを発注していたことを明かした。年明けの自主トレでは母校・履正社高を訪れ、先輩であるロッテ・安田尚憲内野手(21)の言葉に発奮。新たな相棒と金言を胸に、高卒2年目の若虎がレギュラー争いに殴り込む。

 立ち止まることのない姿勢が進化の鍵となる。井上が参加予定の1軍キャンプへ向け、秘策を明かした。注目したのは、世界を代表する二刀流スラッガーだった。

 「バットは商売道具。年始に大谷翔平さん(モデル)のバットを頼みました。試し打ちみたいな感じです」

 全体的に細めで、重心は先の方へ置き、先端をくり抜くことでスイングスピードをアップ。飛距離が出やすく、コントロールもしやすいのが大谷モデルの特長だ。「身長が高く、手足も長い。自分と体格が似ている」。193センチの大谷に対し、井上は188センチ。長身のスラッガーという点で共通する。日本ハム時代の2016年、エンゼルス時代の18年に最多22発を放った打棒が井上にもマッチすれば、1軍定着の大きな武器になる。

 昨季は履正社高の先輩、安田(ロッテ)=円内=のモデルを使用。その安田とは、年始に母校の自主トレで再会した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ