ヤクルト・村上の兄と友利氏ジュニアが社会人野球デビューへ 新規登録のテイ・エステック始動

 企業チームとして新規登録され、今春に社会人野球に参加するテイ・エステック(埼玉・行田市)が11日、埼玉県鴻巣市のフラワースタジアムでチームとして全体初練習を行った。

 菅沢剛監督(54)=前成立高監督=と田畑一也コーチ(51)=元ヤクルトコーチ=のもと、選手総勢21人の新チームの内、この日は16人が練習に参加。自動車やバイクのシート製造などの同社に勤務し、社業と野球の両立を図っていく。

 メンバーには、首都大学野球、千葉県大学野球、関甲新学生、仙台六大学野球など各リーグ戦経験者が多く名を連ね、元中日の友利結氏(53)の息子、友利アレン投手(22)、ヤクルト・村上宗隆内野手(20)の兄・友幸投手(22)らもおり、まず、公式戦初戦の都市対抗野球大会一次予選(6月中旬)に照準を合わせ、鍛えていく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ