東福岡の「キータ」がMVP!両チーム最多39点/春高バレー

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第73回全日本バレーボール高等学校選手権の男女決勝が無観客で行われ、男子は東福岡が駿台学園(東京第1)を3-1で破り、5大会ぶり3度目の優勝を果たした。エースの柳北悠李(やなきた・ゆうり、3年)が両チーム最多の39得点。最優秀選手賞に輝き、新型コロナウイルス禍に翻弄されたシーズンの集大成を飾った。

 誰にも譲らない。マッチポイントを迎え、柳北がセッターにトスを求めた。「絶対持ってこい」。豪快なバックアタックで終止符を打った。5大会ぶりに東福岡を優勝に導き、両拳を握った。

 「インターハイも国体もなくなって、春高しか残っていなかった。日本一のエースになれるようにとプレーしていた」

 身長192センチのアタッカーが放ったスパイクの打数は80本。持ち前の強打一辺倒ではない。軟打も織り交ぜ、ブロックアウトも奪う。両チーム最多の39得点で最優秀選手賞に輝いた。ブロックでも4得点を挙げ、駿台学園の緻密な攻撃を要所でシャットアウトした。

 昨年はコロナ禍で夢を見失った。夏の全国高校総体(インターハイ)は中止となり、秋の国体は2023年に延期。「本当に春高はあるのかな…」。自粛期間はオンラインで仲間とトレーニングに励み、公園でボールに触れたが、目標が定まらず身が入らない。菓子をほおばり、体重はベストより10キロ以上重い102キロに達した。

 活動再開後は故障のリスクからジャンプを制限された。練習試合にも出られない。ふがいないエースを支えたのが、控えメンバーの3年生だ。その一人で主将の川波虎太郎は「やってくれると信じて言い聞かせてきた」と明かす。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ