西武・松坂、春季キャンプに向けて準備中 米国からすでに帰国

 西武は10日、シーズン終了後に家族の住む米国に渡っていた松坂大輔投手(40)がすでに帰国し、2月1日からの春季キャンプに備えていると発表した。

 例年は米国で家族とともに新年を迎えている松坂だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、海外からの入国者は14日間の隔離が必要とされていることから、早めに帰国したようだ。

 松坂は昨年7月に脊椎内視鏡頸椎(けいつい)手術を受けており、昨季の1軍登板機会はなし。現在も復帰へ向けてリハビリを行っており、渡辺GMは「(3月の)開幕からという考え方はない。開幕までに間に合うというのはない」と語っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ