優勝候補・東山が棄権 チームに発熱者/春高バレー

 東京・千駄ケ谷の東京体育館で行われている全日本高等学校バレーボール選手権大会(春の高校バレー)で男子の優勝候補、東山(京都)が7日の3回戦を前に大会を棄権した。

 関係者によると同日朝の検温で発熱した選手がいた。チームはその選手を宿舎に残し、同日午前10時からの試合に向けて会場入り。アップも行ったが途中で切り上げた。

 対戦予定だった高松工芸(香川)は不戦勝で準々決勝に勝ち上がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ