東九州龍谷に日露ハーフのニューヒロイン、飯山エミリ 指揮官絶賛「岩坂超えられる」/春高バレー

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第73回全日本バレーボール高等学校選手権は6日、東京体育館で男女の2回戦計32試合が無観客で行われた。シード校が登場し、女子で2連覇が懸かる第1シードの東九州龍谷(大分)は、富山第一にストレート勝ち。身長184センチの1年生、飯山エミリが全国デビュー戦で躍動した。7日は男女3回戦と準々決勝が行われる。

 堂々の春高デビューだ。無観客の会場にドスンと響く打球音とともに、パワフルなスパイクが、相手ブロックの上からコートに突き刺さった。1年生とは思えない存在感を示した東九州龍谷・飯山。富山第一をストレートで下すと、初々しい笑顔を見せた。

 「(広い)会場を見た瞬間、緊張して『やばいな』と思った。最初は力んでしまって、いいスパイクが打てなかったが、慣れてからは自分らしいプレーができた」

 クイックスパイクやブロックの中心を担うミドルブロッカー(MB)の飯山は、2連覇を狙うチームの勝利に貢献した。「緊張した」という第1セットはスパイクで2得点にとどまったが、エースで主将の室岡莉乃(3年)ら上級生が作った勢いに乗った。第2セットだけで6得点を挙げる活躍。1人で相手のスパイクを防ぐ場面もあり「高さを生かせた」と胸を張った。

 日本人の父とロシア出身の母との間に生まれた。身長184センチで、最高到達点は295センチ。竹内誠二監督(45)は「体が大きいけど、プレーがコンパクト。力ではなく、体の使い方でパワーを出せる」と潜在能力を評価する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ