巨人・藤岡が現役引退 球団職員に転身

 巨人を自由契約となった藤岡貴裕投手(31)が6日、球団公式SNSに登場し、現役を引退し、球団職員に転身することを報告した。

 藤岡はスーツ姿でカメラに向かって現役引退を明かし、「今度は球団職員としてチームに貢献できるように頑張っていきたいと思います。今までありがとうございました」と語った。

 藤岡は東洋大4年時に東海大・菅野(現巨人)、明大・野村(現広島)とともに「大学ビッグ3」と称された左腕として、2011年のドラフト会議で3球団の1位指名を受けてロッテへ入団。しかし、先発として目立った成績は残せず、4年目に中継ぎに転向した。18年のシーズン途中にトレードで日本ハムへ移籍。翌19年シーズン中に再びトレードで巨人へ移籍した。

 昨季は12試合に登板して0勝0敗、防御率3・12。11月に戦力外通告を受け、トライアウトを受験していたが、現役引退を決断した。通算成績は178試合で21勝32敗、防御率4・14だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ