初場所緊急事態…白鵬コロナ入院で休場決定的、鶴竜も出場微妙

 日本相撲協会は5日、横綱白鵬(35)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。三役以上では初の感染者で、10日に初日を迎える初場所(東京・両国国技館)は4場所連続となる休場が決定的となった。感染拡大に伴い東京都と埼玉、千葉、神奈川の3県を対象に、7日にも緊急事態宣言が発出される見込みの中、昨年に続いて新春の土俵がコロナ禍に大きく揺れる。

 史上最多44度の優勝を誇る白鵬でも、新型コロナウイルスを制御できなかった。

 協会によると、初場所へ向けて部屋での稽古を続けていた白鵬は3日に嗅覚異常の症状が出て、4日に医療機関でPCR検査を受け、この日朝に陽性が判明した。電話取材に応じた芝田山広報部長(58)=元横綱大乃国=は「(白鵬は)病院に入院した。高熱が出ているとかそういう話は聞いていない」とし、初場所出場には「それはもう難しい。(出場は)ないと思う」と説明した。

 協会の判断で5日中に横綱の師匠、宮城野親方(63)=元幕内竹葉山=や力士ら部屋関係者全員がPCR検査を受けたという。初場所の番付では宮城野部屋には白鵬のほか十両石浦(30)、炎鵬(26)ら16人の力士が在籍。集団感染の恐れもあり、部屋の力士の出場可否は結果を待って協議される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ