阪神・ロハス&アルカンタラの春季キャンプ参加「厳しいかも」谷本副社長が見通し明かす

 阪神のメル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国KT、ラウル・アルカンタラ投手(28)=前韓国斗山=の新外国人2選手が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2月の春季キャンプに参加できない可能性があることが5日、分かった。来日1年目となる選手の就労、長期滞在に必要なビザ(査証)の取得が進まず、谷本修球団副社長兼本部長(56)が「(キャンプ参加は)厳しいかも」と見通しを明かした。

 投打で強力な新助っ人を迎え入れる虎だけに、コロナの影響は大きい。年をまたぎ、世界や日本の状況が刻々と変わっていく間に、ロハスとアルカンタラの2月中の来日は困難な状況となっていた。谷本副社長が明かした。

 「新規外国人は(春季キャンプ参加が)厳しいかも分からないですね。今の状況だと。そこは当球団だけではなく、12球団で協力してやっていくことにもなりますので」

 キャンプインの「2・1」だけでなく、キャンプ終盤の合流すらかなわない可能性が高まってきている。今季も虎は助っ人8人体制で臨むが、現在の状況では、その中でも「来日1年目」となる2人の新助っ人の入国が見通せないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ