ヤクルト再建へ古田臨時コーチ 来春キャンプで14年ぶり古巣復帰

 ヤクルトが来年2月の1軍春季キャンプ(沖縄・浦添市)に、球団OBで元監督の古田敦也氏(55)を臨時コーチとして招聘(しょうへい)することが27日、分かった。2007年に選手兼任監督として現役を引退、監督も退任して以来、14年ぶりの“復帰”となる。チームは2年連続で最下位に沈み、チーム防御率4・61は2年連続で12球団ワーストとバッテリー部門の再建が急務。黄金期を支えた名捕手が、就任2年目を迎える高津臣吾監督(52)を援護する。

 逆襲を目指す燕軍団に“野村ID”が注入される。ヤクルトが来春の浦添キャンプに、古田氏を臨時コーチとして招聘(しょうへい)する。日程は未定だが、1週間から10日ほど指導する予定でチーム再建へ、この上ない助っ人が加わる。

 今季は2年連続でリーグ最下位に沈み、チーム防御率4・61は2年連続で12球団ワースト。投手陣の立て直しを含めたバッテリー部門の強化が最大の課題となっている。

 そこで、古田氏に白羽の矢が立った。1990年の入団後は当時の野村克也監督に厳しい指導を受けて、ヤクルト一筋で5度のリーグ制覇と4度の日本一に貢献。2005年に通算2000安打を達成し、06年からは2年間、選手兼任監督を務めた。07年に現役引退、監督も退任して以降は野球評論家として活動の幅を広げた。“古巣復帰”は14年ぶりとなる。

 「黄金タッグ」で再建に臨む。古田氏と高津監督は、現役時代に正捕手と不動の守護神として黄金期を支えた。今年2月にテレビの仕事でキャンプを訪問した際には、スーツ姿で、西浦や中山らに打撃指導。「明るい性格なので、若い選手とともに頑張ってほしい」と就任したばかりの盟友にエールを送っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ