羽生結弦圧巻5年ぶりV!新たなフリー「天と地と」大台300点超え/フィギュア

 フィギュアスケート・全日本選手権第2日(26日、長野市ビッグハット)世界選手権(来年3月、ストックホルム)代表最終選考会。男子は羽生結弦(26)=ANA=がフリーで215・83点を出して前日のショートプログラム(SP)に続いて1位となり、合計319・36点で5年ぶりの優勝を果たした。日本スケート連盟の選考基準を満たして代表に決まった。5連覇を狙ったSP3位の宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=は2位。

 フィニッシュを飾った後、一番を誇示するように羽生が右手の人さし指を天に掲げた。合計は大台の300点超。「ありがとうございました」。コロナ禍により拍手だけで応援した観衆に向けて叫んだ。5年ぶりに日本一に返り咲いたのだから、歓喜の表現も許されるはずだ。

 「自分の体の感覚を信じてやりきれた。(2位だった)去年はだいぶ悔しかったので、リベンジできて良かった」

 新たなフリー「天と地と」は、1969年のNHK大河ドラマのテーマ曲。水色を基調とし、花柄が美しい着物風の衣装を身にまとった。琵琶や琴の音色に乗り、軽やかにジャンプを決める。得点が1・1倍になる演技後半の3つは、全て3点超の加点が付く出来栄えだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ