【一問一答】羽生結弦のロックンXマス 「明るい曲がいいかな」と自らチョイス

 フィギュアスケート・全日本選手権第1日(25日、長野市ビックハット)開幕し、男子ショートプログラム(SP)で冬季五輪2連覇の羽生結弦(26)=ANA=が103・53点で首位に立った。約10カ月ぶりの実戦で、ロックナンバーの新演目を熱演した。

 --観客の前で演じて

 「そういえば(コロナ禍による応援の自粛で)声が聞こえないんだなと感じました。みなさんが新プログラムや新しい衣装を見たとき、掛けてくださった声援を心の中で大切にしながら、新しい応援の受け止め方をしていました」

 --SPに込めた思い

 「(振付師から)2、3曲渡された中で、しっくりこなくて、(新型コロナウイルスが広まる)ニュースを見て、明るい曲の方がいいかなと」

 --ロックナンバー

 「正直に言うと、歓声が聞こえないのは残念でした。でも、テレビやネットで見てくださった方々は、声をあげて応援してくださったんだろうと感じていたので、楽しみながらやらせていただきました」

 --課題は

 「テクニカル(技術的な部分)を全然伸ばし切れていない。自分のジャンプは出来栄え(による加点)を取ってなんぼだと思うので、それがしっかり付けられなかったのは課題かな」

 --振り付けのこだわりは

 「いろんなものを加えようとしていて、ある意味、全部見どころにしようと思いました」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ