茨城・土浦第四中の同級生コンビ 「ケンカは通算50回以上」ロッテD1位・鈴木とオリックス育成D5位・佐野

 ロッテのドラフト1位・鈴木昭汰投手(22)=法大=とオリックスの育成ドラフト5位・佐野如一(ゆきかず)外野手(22)=仙台大=が25日、茨城県の土浦市役所で安藤真理子市長(60)を表敬訪問した。両選手は土浦市立第四中の出身で、リトルシニアチーム「霞ケ浦ボーイズ」でバッテリーを組み、全国大会で準優勝を果たした。

 高校は鈴木が常総学院、佐野が霞ケ浦に進んで捕手から外野手に転向したが、同じ中学の同級生がプロ野球界に在籍するのは珍しい。

 鈴木が「互いの家に何回も泊まりに行っているし、校内の部活も同じ陸上部。ケンカも通算50回以上はしていますね」と話せば、佐野も「帰省したときは一緒にいない時間がないぐらい」と笑った。

 これまで2人が敵、味方に分かれて対戦したのは高校1年の県南選抜大会だけで、当時は佐野が中前打、右翼線二塁打の2打数2安打。前日(24日)に法大野球部寮を退寮した鈴木は「ユキカズがいたから、こういうピッチャーになれた。まさに“女房役”と呼ばれる見本のような捕手だった」と感謝し、プロの舞台での再戦に心躍らせた。

 安藤真理子市長からは「土浦の誉(ほまれ)、誇り。土浦は野球の町でもあり、子供たちの励みになる」と話し、JR土浦駅から市役所までの連絡通路にこの日から土浦市立第四中後援会が製作した両選手の名前を記した横断幕も掲出された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ