元日本代表大野氏がラグビーボール寄贈「楽しんでほしい」

 ラグビー、トップリーグ(TL)の東芝で普及担当を務める元日本代表LO大野均氏(42)が24日、普及活動の一環で府中市内の都立武蔵台学園を訪れ、ラグビーボール計10個を寄贈。「みんな目がキラキラしていて、うれしかった。なかなかラグビーボールに触る機会はないと思う。みんなで触ってもらって楽しんでほしい」と充実した表情を見せた。

 日本代表歴代最多98キャップを誇るラグビー界の鉄人は、5月に現役引退を発表。6月に所属する東芝の普及担当に就任した。「グラウンドで選手たちがラグビーをやっているのを見ると、そこに入りたいなと思ってしまう」と冗談交じりに笑いながらも、今後の普及活動に気合十分。「府中市だけではなくて、全国でこういうことができたらいい。ラグビーを通した交流ができれば」と目標を語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ