阪神、スアレスが残留「来季こそ優勝ができるように」

 阪神は24日、残留交渉を行っていたロベルト・スアレス投手(29)と来季の選手契約を締結したと発表した。年俸250万ドル(約2億6000万円)の2年契約で合意したとみられる。

 スアレスは「またタイガースの一員として、戦えることをうれしく思います。来季こそは、このチームメートのみなさんと一緒に優勝ができるように、チームの勝利に多く貢献できるように頑張ります」と球団を通じてコメントした。

 スアレスはソフトバンクから移籍1年目の今季51試合に登板して防御率2・24。25セーブを挙げて最多セーブのタイトルを獲得したが、子供のころからの夢だった米球界挑戦を視野に入れて、阪神を自由契約になっていた。

 谷本球団副社長兼本部長は「帰国する前に矢野監督から『来季は優勝しよう』という話は伝えてもらって。かなり監督の言葉に対し、前向きな反応をしてくれている」と話すなど、残留交渉が順調に進んでいることを明かしていた。

 クリスマスイブに舞い込んだ朗報。矢野監督にとって、守護神残留は最高のプレゼントとなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ