羽生結弦、新フリー「天と地と」披露 世界選手権に向け「必須で出ないと」/フィギュアスケート

 フィギュアスケートの全日本選手権が25日、長野市ビッグハットで開幕する。2022年北京冬季五輪プレシーズンの初戦に臨む男子の羽生結弦(ANA)が24日、会場で公式練習を行い、新フリーの和風プログラム「天と地と」を初披露した。

 「見ていただいた方々にある背景に訴えかけられたら」と意気込んだ。4回転ジャンプはループ、トーループ、サルコーの3種類4本を組み込む。シェイリーン・ボーン氏が振り付けた。

 ショートプログラムも一新。曲名は「Let Me Entertain You」で、ジェフリー・バトル氏が振り付けた。

 新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し、グランプリシリーズの出場を回避した。今大会は2月の四大陸選手権以来、約10カ月ぶりの実戦。「世界選手権の選考会として、この試合は必須で出ないといけない」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ