ロッテ・鳥谷が現状維持の1600万円で更改「最後もう一回勝負」

 ロッテ・鳥谷敬内野手(39)が23日、千葉市のゾゾマリンスタジアムで契約交渉に臨み、現状維持で1年契約の1600万円で更改した。

 鳥谷は昨年オフに阪神を退団し、今年3月にロッテ入り。今季は42試合出場で打率・139、0本塁打、6打点の成績だった。更改後は「自分のベストな状態で1年間をやるってことができなかった。もう一回、勝負させてもらえるということなので、最後もう一回勝負したいなという思いが自分の中で出た」と現役続行の理由を語った。

 来季はプロ18年目。6月26日に40歳を迎えるが「プロに入ったときに、40歳でショート守りたいと思っていた。しっかり出られるだけの準備を、若い選手と一緒にやっていきながら。新たなものを発見しながら自分のできるものを探して、伝えられるものは伝えて、学ぶものはしっかり学んで来年やっていきたい」と若手に自身の経験を伝授しながら、自身のプレーに意欲をみせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ