倍増4000万円!ソフトバンク・周東、2度目交渉でサイン「有意義に時間を使えた」

 ソフトバンク・周東佑京内野手(24)が22日、福岡市内の球団事務所で2度目の契約更改交渉に臨み、前回18日の提示と同じ倍増の年俸4000万円でサインした。

 「有意義に時間を使えたかな、と。もっと僕が走塁面で結果を出せば、価値もどんどん高まってくると思います」

 今季は50盗塁で初のタイトルを獲得。10月には世界記録となる13試合連続盗塁、球団記録となる月間23盗塁と快進撃の主役となった。前回交渉では「走塁の価値を高めたい」とし、査定内容を自分の中で整理するために保留。「評価してもらった」とうなずいた。

 三笠GMは「野球が変わると評価も変わり、査定も変わる。例えば江夏(豊)さんが抑えの価値と役割と評価を確立されたりとか。彼はそういう可能性を持った選手」として、プロ野球の歴史を変えろ-と激励。通算206勝&193セーブとリリーフの地位を確立した大投手を引き合いに出し、期待を込めた。(竹村岳)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ