阪神・サンズ、年俸4100万円増で単年契約「優勝に貢献できるように頑張りたい」 助っ人4人残留発表

 阪神は21日、ジェリー・サンズ外野手(33)、ジェフリー・マルテ内野手(29)、ジョン・エドワーズ投手(32)、ジョー・ガンケル投手(28)と来季の選手契約を締結したと発表した。サンズは約4100万円アップとなる年俸150万ドル(約1億5500万円)の単年契約。球団を通じ「優勝するために、もっとチームに貢献できるように頑張りたいね」と誓った。

 その手で、来季こそハッピーをもたらす。来日2年目へ踏み出すサンズが見つめるものはただ1つ、Vだけだった。

 「今年は楽しい時間を過ごすことができたし、来年こそはタイガースが優勝するために、もっとチームに貢献できるように頑張りたいね」

 しぶとく、チャンスに強く、そのバットで何度もチームを救った。頂点に立つために、またタテジマに袖を通す。最初から最後まで、虎を引っ張り勝たせる覚悟だ。

 開幕は2軍だった。だがチームが1勝6敗となった窮状で緊急昇格すると、初出場した6月27日のDeNA戦(横浜)で5-6の九回2死で守護神・山崎撃ちの逆転3ラン。そこから虎を勝たせ続けた。42試合で4番に座り、9月末までは得点圏打率・403と無類の勝負強さを誇った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ