広島・菊池涼介がタナキク再結成に意欲 現状維持の年俸3億円で更改

 広島・菊池涼介内野手(30)が21日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸3億円プラス出来高払いでサインした。

 「納得できる数字はひとつもない。やっぱりチームが勝たないと」

 プロ9年目の今季は106試合に出場し、一塁以外の内野手ではプロ野球史上初の守備率10割を達成。打撃では打率・271、10本塁打、41打点だったものの、ゴールデングラブ賞、ベストナインを受賞した。

 来季は4年契約の2年目。今オフに国内FA権を行使せず残留した田中広との“タナキクコンビ”復活に意欲を燃やす。「1、2番を組んできて長い。1試合でも多く組めば、1試合でも貢献できる」と自信をみせる。

 「若手も出ていますので、中間役というか、後輩からの意見を伝えないといけない。年上がいなくなっているので僕たちがやらないといけない」

 会見ではチームのことを25分も激白。通算294犠打を誇るバント名人は、打線でも、チームでもつなぎ役に徹し、チームの勝利に貢献する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ