エ軍・マドン監督、大谷の二刀流復活期待!来季ローテの「大きな一部」

 【ロサンゼルス18日(日本時間19日)=丹羽美佳子通信員】米大リーグ、エンゼルスのジョー・マドン監督(66)がオンラインで取材に応じ「来季も先発6人制でいく。翔平は大きな一部だ」と大谷翔平投手(26)を来季の先発ローテーションの一角として考えていることを明かした。

 大谷は今季、一昨年の右肘手術から投手復帰。2試合目の登板後に右肘付近を故障し0勝1敗、防御率37・80に終わった。ただ、リハビリの経過は順調で、来年1月中に打者に対しての投球練習を再開する予定。指揮官も「今はいいことしか聞いていない」とうなずき「(投打で)162試合プレーしているところを見たい」と二刀流の完全復活を期待した。

 今季チーム防御率が地区最下位の5・09と低迷したエンゼルスだが、マドン監督はメジャー移籍を目指す巨人・菅野ら日本投手の獲得については「分からない」と言葉を濁した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ