DeNA・宮崎、年俸1・7億円でサイン 打倒巨人へ闘志UP

 DeNA・宮崎敏郎内野手(32)が18日、横浜スタジアムで契約更改交渉に臨み、1000万円増の年俸1億7000万円でサインした。

 「もっとチームに貢献したいという思いが強くなりました」

 113試合の出場で打率・301、14本塁打、53打点をマーク。2017年に打率・323で首位打者となってから4年連続で規定打席に達し、昨季以外はいずれも打率3割超。球団から「来季も中心選手としてやってくれないと困る」と厚い信頼を寄せられた。

 チームを代表する好打者は、来季中にも国内FAの権利を取得するが「それに関しては何も考えていない」。その一方で、このオフに巨人にFAで移籍した井納との対戦については「まだイメージしていないけど、対戦してみたい」と笑みを浮かべた。

 三浦監督が就任し、新体制で迎える来季へ向け「若い選手が多い中、いいバランスの一部になれるように。(成績面では)全部キャリアハイを目指して頑張っていきたい」。このオフは下半身を重点的に鍛え、さらにパワーアップする。(湯浅大)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ