阪神・岩貞は1500万円増の4700万円で更改 「(中継ぎ転向で)自分の生きる道が増えた」

 阪神・岩貞祐太投手(29)が18日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約交渉を行い、1500万円アップの年俸4700万円で更改した。

 「今年は(コロナ禍で)試合数が少なかったこともあって一瞬で終わったなという感じだった。(中継ぎに転向して)自分の生きる道が一つ増えたかなと思う」

 7年目の今季は開幕ローテ入りを果たしたが、結果が振るわず8月に中継ぎに配置転換された。以降は勝ちパターンの一角として起用されるなど中継ぎで30試合に登板し、5勝1敗、8ホールド、防御率3・00と好成績。矢野監督は来季もリリーフ起用を示唆しており「チームが苦しいとき、ピンチのときにマウンドに呼ばれるような存在になっていきたい」と話した。

 投手主将に就任した左腕は「年齢も来年で30歳になる。(自分たちが)引っ張っていかないとチームとして強くなっていかないと思うので、覚悟を持ってやっていきたい」と力強く語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ