巨人・岡本、梶谷を“珍”歓迎「めちゃくちゃサードゴロ飛んできた」

 セ、パ両リーグの今季のベストナインが16日に発表され、巨人・岡本和真内野手(24)が三塁手部門で初受賞を果たした。31本塁打、97打点でリーグ2冠に輝いた若き4番はこの日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7000万増の年俸2億1000万円でサイン。最優秀選手(MVP)と最優秀新人は17日のNPBアワーズで発表される。

 岡本が、DeNAからFA移籍する梶谷を大歓迎した。リーグ2位の打率・323をマークした好打者を「すごい。今年はどんな球でも打たれていた印象があります」と称賛した一方、「めちゃくちゃサードゴロが飛んできた。結構難しいゴロばかりだったので、それがなくなるのは、ちょっと気楽になります」と三塁手目線で喜びを語り、笑いを誘った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ