五郎丸歩、“五郎丸ポーズ”の大フィーバー「違和感はあった」

 ラグビーの日本代表で活躍し、来年1月開幕のトップリーグ(TL)のシーズン限りで現役を引退するFB五郎丸歩(34)=ヤマハ発動機=が16日、静岡県内で記者会見し「残り1シーズンしか戦う気力、体力が残っていない」と心境を語った。引退後の去就は未定。

 --まだ現役でプレーできると思うか

 「自分に感情がなければできる。アスリートというのは、体力だけでなく、気力が大事。気力が、自分の中で衰えていると感じた。現役を退くことが、自分と周りにとってベストだと思った」

 --“五郎丸ポーズ”も話題になった

 「一人がフォーカスされることに、違和感は感じた。競技が広まっていない以上、私がその仕事というか…魅力を広げていくことが、使命だと思った。あのポーズから入ってラグビーが好きになった、また違う選手を好きになった人が一人でも多くいれば、僕がラグビーを続けてきた意味があると思う」

 --今季の目標は

 「ヤマハ発動機で初めて日本一を取ったのは、(2014年度の)日本選手権。トップリーグのタイトルは、まだ取れてない。まずはここに集中して頑張っていきたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ