角田裕毅が来季F1参戦! 国内外のファンは「歴代日本人No1でしょ」「間違いなく才能がある」「実力で得たF1シート」と歓喜

 自動車F1シリーズに参戦するアルファタウリ・ホンダは16日、直下カテゴリーのF2で総合3位となった角田裕毅(20)と来季の契約を結んだと発表した。2014年の小林可夢偉以来、7年ぶりの日本人F1ドライバーの誕生で、フランスのピエール・ガスリー(24)とコンビを組む。ネットにはさっそく、「歴代日本人で実力No1でしょ」「間違いなく才能がある」「実力で得たF1シート」などと、ファンから祝福の声が続々届いている。

 ホンダのドライバー育成プログラム出身の角田は今季、F1への登竜門として知られるF2に参戦。ランキング5位で迎えた最終ラウンドの2レースでは、F1参戦に必要な「スーパーライセンス」の取得条件を満たすためにいくつかの結果や条件をクリアする必要があったが、そんなプレッシャーをはねのけてレース1で優勝、レース2も2位でフィニッシュする心臓の強さを披露。抜群の速さと勝負強さを発揮して今季3勝を挙げるなど、ルーキーイヤーを総合3位で終えていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ