阪神・青柳、2000万円増の5000万円で更改「自分の掲げた数字は越えられるよう」

 阪神・青柳晃洋投手(27)が16日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉を行い、2000万円増の年俸5000万円でサインした(金額は推定)。

 「勝ちの方が伸びなかったですし、防御率も規定に行った(投手の)中では一番高い3点台だったので。2年連続(規定投球回に)いかせてもらいましたけど、防御率だったりそういうところはもうちょい伸ばせるかなと思いました」

 プロ5年目の今季も、2年連続で規定投球回に到達(120回2/3)するなど7勝9敗、防御率3・36とシーズンを通して先発としての役割を果たした。だが、チームが60試合を終えた前半までに6勝(3敗)を挙げながら、後半戦は1勝(6敗)と白星に恵まれず。悔しさも残るシーズンだった。

 「西(勇)さんにおんぶに抱っこじゃなくて、西を越えられるように頑張っていきたい。僕自身ずっと13勝というのを掲げていて届かなかった。自分の掲げた数字は越えられるように頑張りたい」

 登板時に雨天が多く、さらにその状況でも勝ってきたことから「雨柳さんタオル」などのグッズも売れに売れた。名実ともに投の柱となるべく、飛躍を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ