DeNA・倉本は微増で更改「少ないチャンスの中で勝負できた」

 DeNA・倉本寿彦内野手(29)が16日、横浜スタジアムで契約更改交渉に臨み、110万円増の年俸5110万円でサインした。

 「少ないチャンスと思った。その中で勝負はできたかなと思います。特にこの2年間は何もできなかったし、勝負の年と自分で決めていた」

 2016年はチーム最多安打(157)、17年はチームでただ一人フルイニング出場を果たすなど、正遊撃手として活躍していたが、ここ2年は若手の台頭などもあって1、2軍の往復が続いていた。来年1月に30歳になるだけに、強い覚悟をもって臨んだ今季は3年ぶりにシーズンを通じて1軍に帯同。打率・276、1本塁打、17打点だった。

 「必ず必要とされる場面もあると思うので、勝負したい。打たないと試合に出られない。もう1度、レギュラーを取れるように頑張りたい」。勝負という言葉を何度も口にだし、来季にかける強い思いをにじませていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ