大谷翔平、二刀流継続へ“引退覚悟”「どっちも結果が出ないならやめる」

 米大リーグ、エンゼルスでメジャー3年目を終えた大谷翔平投手(26)が本紙の単独インタビューに応じ、来季以降の二刀流継続へ“引退覚悟”の強い決意を抱いていることを明かした。右肘の故障から投手復帰を果たした今季は2試合(計1回2/3)の登板に終わり、打撃でも打率・190と低迷。悔しさをにじませながら「打ったり投げたりもできなくなったら、やめるだけ。引退すればいい」と言い切った。 (取材構成・山田結軌)

 --昨季は右肘の手術から復帰したものの2試合の登板に終わった。まず現状は

 「(練習の時間は)大体一日4、5時間ぐらいですね。投げて、打って。週1、日曜日がオフですね」

 --投手としてのリハビリの進み具合は

 「1月中にバッターに投げると思います。(2月中旬の)キャンプインまでにそれを継続していく感じです」

 --100マイル(161キロ)以上の球を投げられる自分に戻るイメージは

 「今年で97マイル(156キロ)は出ていた。僕の投げ心地的には、そこまで投げられる感覚ではなかったので、100マイルは普通に出るんじゃないかな。体の状態もそうですけど、技術的にも、もっと効率的に動ければ、簡単に出せるようになると思います」

 --球速アップへの取り組みについて

 「マックス値を伸ばしていくよりも、効率よく投げられれば、そこ(最速)も伸びるかなっていう感じですね。楽に100マイル投げられるんだったら、力を入れたら102、3マイル出るのは普通のこと。より簡単に、シンプルにピッチングをできるようにしたい」

 --2021年のテーマに掲げていること

 「ベストな状態で1年間やりたい。ある程度、自分が納得した上で失敗できるかどうか。それが、かなり大事。打たれるにしても自分が気持ちよく思い切り向かっていって、打たれるのかどうか。そこが一番。自分がしっかりプレーできてるかどうかによって、反省するところが変わってくるので」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ