DeNA・三嶋、3000万円アップで1億超え更改「うれしかった」

 DeNA・三嶋一輝投手(30)が15日、横浜スタジアムで契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸1億1000万円でサインした。

 「三原代表から『本当に今年はお前に助けられた。ありがとう』と言っていただいた。うれしかったです」

 8年目の今季は、不調の山崎に代わって、7月29日から初のクローザーに起用され、そこからセーブ機会での失敗は1度だけと抜群の安定感を発揮した。素早い牽制(けんせい)やフィールディングの良さも光り、48試合に登板し3勝1敗、リーグ5位の18セーブを挙げた。

 「途中からクローザーを任されて、これは僕の中でチャンスだと、やるからには全うしようと1試合、1試合投げていった」

 課題だった制球力も47回2/3で13四球と安定し、自己最高の防御率2・45。かつては開幕投手も務めた右腕が、30歳で守護神としての才能を開花させた。

 来季は三浦新監督が就任。指揮官の現役時代に自主トレをともに行っていた“弟子”は、「今年は4位で悔しい思いをした。まずは自分がしっかりして、チームが優勝するのが一番」と意気込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ