阪神・木浪、800万円増の3000万円で更改

 阪神・木浪聖也内野手(26)が15日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉を行い、800万円増の年俸3000万円でサインした(金額は推定)。

 「試合に出させていただいたんですけど、その中ですごく悔しいこともあって。悔いの残るシーズンだったんですけど。もう来年に向かっているので、やってやろうという気持ちしかないです」

 プロ2年目に残った数字は、打率・249、3本塁打、25打点だった。9月25日にはチームを新型コロナウイルス感染症が襲い、球団独自の濃厚接触者とみなされた木浪も出場選手登録を抹消された。ちょうどひと月後の10月25日に1軍昇格すると、悔しさをぶつけるように、それ以降は打率・333(45打数15安打)、1本塁打、6打点と数字を残した。

 新人だった昨季は遊撃で15失策(98試合)。今季は8失策(91試合)まで減らした。後方への果敢なダイビングで顔面に裂傷を負いながらもキャッチする姿も見せるなど、歯を食いしばりながら力をつけてきている。

 レギュラー奪取へ向けては来季も激しい競争が続くだけに「守備は去年よりはミスは減ったと思うんですけど。もっと投手が安心できるような守備をやっていきたいと思います」と意気込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ