ヤクルト・石川が通算200勝へ「笑われてもそこを目指して」 年俸9000万円で契約更改 

 ヤクルト・石川雅規投手(40)が14日、東京・北青山の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1500万円減の年俸9000万円でサインした。

 「今年は自分としてもチームとしてもすごく悔しいシーズンだったので、なんとか契約していただいて、来シーズンは高津監督を男にできるように、その駒にしっかりなれるように。先発(の座)を取るには競争が激しいと思いますけど、しっかり勝負できるような体を作って2月1日に臨みたいと思います」

 プロ19年目の今季は3年ぶり9度目となる開幕投手を務めたが、なかなか勝ち星に恵まれず、15試合の登板で2勝8敗、防御率4・48。それでも、現役最多の通算173勝を誇る左腕は、同学年の五十嵐も引退会見の際に「200勝を見せてもらいたい」と願った大目標の達成へ、20年目のシーズンに挑む。

 「今年は2つしか勝っていませんけど、現役でやっている以上、もちろん第一はチームの勝利に貢献ですけど、個人的な目標としてはこれ以上ない200勝という大きな目標なので。1勝ずつしか近づけないですけど、なんとか現役をやっている間は、笑われても何言われてもそこを目指して一生懸命ボールを投げたいと思います」

 来年1月で41歳を迎えるが、まだまだ老け込むつもりはない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ