コロナ感染者480万分の2 「新型コロナウイルス連絡会議」での見解は?

 プロ野球とJリーグが設立した「新型コロナウイルス連絡会議」の第22回が14日に実施された。

 今季のプロ野球はセ、パ両リーグ計720試合の観客動員数が482万3578人で来場者のうち新型コロナウイルス感染報告は2人とされる中、専門家チームは球場内の感染対策などが効果的だったと高く評価。実際の感染者が2人以外にもいた可能性は否定できないとした上で、舘田一博氏(東邦大教授)は「感染者が例え(2人の)10倍いたとしても非常に低く抑えられている」との見解を示した。

 また、日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナーは将来への参考資料とするため発症、検査事例などを取りまとめた総括リポートを作成中であることを明かし、来春キャンプに向けても宮崎県、沖縄県などの自治体と交渉に入るとした。

 同会議は今回が年内最後で、来年も継続して開催される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ