ロッテ・小島は年俸倍増 D1・鈴木に「負けないようにしたい」

 2年目のシーズンを終えたロッテ・小島和哉投手(24)が14日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、倍増の年俸3400万円でサインした。

 「自分自身、貯金作ることができず、規定投球回にも届いていないですが、いい評価をしていただいたので、来年、もっともっと頑張らないといけないと思いました」。今季はシーズンを通して先発ローテの一角として、チームではエースの石川に次ぐ20試合に先発。7勝8敗、防御率3・73と活躍した。

 D1位で入団する鈴木(法大)が、同じ東京六大学野球出身となる早大OBの小島を目標に掲げるなか、「お互いに頑張っていけたらと思うけど、僕も去年1年間(プロで)やっているので、負けないようにしたい」と先輩の意地をのぞかせた。

 「監督、コーチに信頼される投手になりたいと思います。次の回も任せるといってもらえるような投手になれれば、投球イニングも増えていくと思う」。今季は最長でも七回までだった。来年は球数を減らし、八、九回まで投げる投手を目指し、オフに心身を鍛えていく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ