阪神・スアレス、2年契約で残留と米記者がツイート

 阪神から自由契約となり、米大リーグ挑戦を視野に入れていたロベルト・スアレス投手(29)について、MLBネットワークのジョン・モロシ記者が14日、自身のツイッターで「阪神タイガースと675万ドル(約7億円)の2年契約を結んだ」と投稿した。

 スアレスはソフトバンクから阪神に移籍した今季、25セーブでタイトルを獲得。来季は米球界でのプレーも選択肢に入れ、2日に公示された阪神の来季契約保留者名簿から外れた。自由契約となり、阪神も残留交渉を継続。谷本球団副社長兼本部長は8日に「代理人とは毎日、連絡を取り合っています。年内には片付けるつもりです」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ