山川は1億7千万円で更改 西武、不振で4千万円減

 西武の山川穂高内野手が13日、埼玉県所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4千万円減の年俸1億7千万円でサインした。今季は右足首のけがもあって102試合の出場にとどまり、打率2割5厘、24本塁打、73打点。不振に苦しみ「駄目というか、きつかった」と振り返った。

 3年連続の本塁打王はならなかった。来季に向けては成績の目標を掲げず「また1年目と思ってレギュラーを取る。レギュラーは毎試合出ないといけない。全部出たらタイトルは取れると思う」と巻き返しを期した。

 オフには合気道の道場に行く予定だという。「集中力というか、邪念を払う部分をもう少し意識しないといけない。本来の、人間の体の動きというか、どうあるべきかを勉強してみたい」と語った。(金額は推定)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ