新庄剛志氏、“期限内”にオファーなし「ただただ悔しいし情けない」

 14年ぶりのプロ野球復帰を目指し、7日の合同トライアウトに参加した新庄剛志氏(48)が13日、インスタグラムを更新し、自身が設けた期限までに獲得オファーがなかったことを明かした。

 「1%の可能性を信じてやって来たが、今日0%になりただただ悔しいし情けない、身の程を知りました! 応援してくれた皆んな、サポートしてくれた皆んなに申し訳ない!」(原文ママ、以下同)

 7日のトライアウト後に「6日間でオファーが来なかったら野球は終わり」と期限を定めることを明かしていた。これで現役復帰を断念する形となったが「しかしいくつになっても挑戦した自分に悔いはなし! みんなも挑戦する楽しさをわかってほしいなぁ! 短い1年だったけど応援してくれた皆さん有難うございます感謝します!!」とつづった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ