セ・リーグは猛省すべき “オワコン”になる前にDH制の即導入を

【ベテラン記者の提言】

 改めて「パ高セ低」を印象付けた今年の日本シリーズ。これで8年連続でパ・リーグが日本一となった。交流戦でもパが14回勝ち越している一方で、セは1回だけ。リーグ格差の要因はさまざまあるが、一つにはやはりDH(指名打者)制の有無だろう。

 今年の日本シリーズ全戦でDH制の採用が決定された際、日本野球機構(NPB)の井原事務局長は「今年の日本シリーズに限って、このルールでやろうということ。セ・リーグでDH制導入の議論が続けられているのは承知しているが、その議論と今回の決議は一切関係がない」と、あくまでコロナ禍における特例と強調した。

 過去の取材を遡れば、最初にセでDH制の導入が話し合われたのは2012年。しかし、8年が経過しても6球団の足並みはそろわない。当初から推進派は巨人。活発な打撃戦がファンを呼ぶという興行面から阪神なども賛同に近い立ち位置ながら、難色を示し続ける球団もある。その最大の理由が、DHには外国人野手をはじめとした新たな補強も必要となることで総年俸の高騰を招き、経営が圧迫される危惧があるというものだ。

 球界関係者の間でも「野球は打って、走って、守って、9人でやるもの」「選手交代などの采配の妙味が失われる」との意見も根強い。それ自体を否定するつもりはないが、五輪やWBCなど国際大会でもDH制が採用されている事実は無視できない。例えば、セ投手の今季打撃成績は打率・111(1257打数140安打)。自動的に1アウトを献上しているといっても過言ではなく、“9人の打者”を相手にするパの投手がレベルアップしていくのも必然だろう。また、晩年の強打者が打撃に専念することで、選手寿命が延びるという利点を指摘する声もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ