巨人・野上が減額制限超え80%ダウンの年俸3000万円でサイン「何もできていないので」

 巨人・野上亮磨投手(33)が10日、東京・大手町の球団事務所で契約更改し、減額制限(1億円以上は40%)を超える80%ダウンとなる、1億2000万円減の年俸3000万円でサインした(年俸は推定)。

 「何もできていないので。(球団からは)やってもらわないと困ると言われました。やっぱりまずは投げないと始まらない。投げてしっかり勝ちたいと思います」

 国内FA権を行使して西武から2018年に巨人へ加入。3年契約の最終年となった今季は1軍登板なしに終わった。イースタンでは18試合に登板し0勝3敗、防御率4・98。2019年10月に負った左アキレス腱断裂からリハビリを経てマウンドに帰ってきたが「自分の思っている感覚と違ったり、少しのズレがどんどん大きくなっていった。多少、まだ怖さもあったりした」と完全復活とはいかなかった。

 勝負の一年へ「まずはフォームの見直しからもう1回しっかりやって、来年の春のキャンプからしっかり投げ込みをしていきたいと思います」と静かに闘志を燃やした。

【関連記事】

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ