オリックス・後藤駿太が減額制限いっぱいの700万円減で契約更改「何もいうことがない」

 オリックス・後藤駿太外野手(27)が10日、大阪市此花区の球団施設で契約交渉を行い、700万円減の年俸2100万円で更改した。今季は打率・120、1打点と打棒がふるわず、出場23試合はプロ10年目でワースト。「打席数も少なかったし、何もできなかった」と厳しい表情を浮かべた。減額制限(25%)いっぱいのダウンを受け入れ「何も言うことがないですね、今年は」と悔しさを押し殺した。来季へ向け「結局、打たないと1軍に残れない。守備だけで残っていくのは難しい」と打力アップを誓い「すべてを見つめなおして、こうした方がいいというものを明確にしていきたい」と話した。(金額は推定)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ