ヤクルト西田、1000万円増で更改「勝てなかったことが悔しい」

 ヤクルト・西田明央捕手(28)が9日、東京・北青山の球団事務所で契約交渉し1000万円増の2500万円でサインした。「結局、最下位だったので。やっぱりチームが勝つことが一番。試合には出ましたけど、勝てなかったというのが一番悔しいです」と唇をかんだ。

 今季はチームの捕手でトップとなる69試合に出場し打率・232、キャリアハイに並ぶ7本塁打、20打点を挙げた。中村、嶋がコンディション不良の影響で相次いで離脱したが、西田が扇の要を死守した。8月15日のDeNA戦(横浜)では小川をノーヒットノーラン達成に導く好リードもあった。

 来季へ「本塁打は2桁くらい打ちたいですね」と西田。今季の7本を上回るキャリアハイを目標に挙げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ