巨人・小林、現状維持の年俸1億円でサイン。「開幕、スタートから出たい気持ち強い」

 巨人・小林誠司捕手(31)が9日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1億円でサインした(金額は推定)。

 「けがで離脱することが一番悔しかったし、今までに経験のない悔しさだった。もう一度、心身共に一から鍛え直して『自分が一番下手くそなんだ』という気持ちで一から勝負していきたいです」

 今季は5年連続となる開幕スタメンマスクを勝ち取ったものの、開幕3戦目の6月21日の阪神戦(東京ドーム)で死球を受けるアクシデントに見舞われて左尺骨を骨折。プロ7年目で自己ワーストの10試合出場にとどまり、18打数1安打、打率・150に終わった。10月中旬にも右手示指末節骨骨折し、日本シリーズの出場もかなわなかった。

 現在けがは完治しており、このオフも例年通り社会人時代を過ごした日本生命で汗を流す予定。「僕の中では開幕、スタートから出たいという気持ちも強い。出るという気持ちでしっかり準備して。やることも足りない部分も山ほどあるので、そういう部分を見据えながらやっていきたいと思います」と力を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ