中日・福谷が2度目の契約更改交渉 1100万円アップでサイン

 中日・福谷浩司投手(29)が9日、ナゴヤ球場で2度目の契約更改交渉に臨み、1100万円アップの年俸2900万円でサインした。

 「若手のモチベーションだったり査定のポイントの仕組みだったりで、考える時間がほしかった。秋季練習が終わってすぐの契約更改で何も考える時間がなかったので、少し考える時間がほしいという意味合いが強かった。落ち着いて考える時間もあった」

 11月27日の交渉では、他球団の契約更改の状況などを見ることも含めて考える時間を求め、保留。今回の交渉までには他球団の選手と連絡を取り合うなどしたほか、加藤球団代表とも連絡を取り相互の理解を図ってきたこともあり、交渉の席は有意義な時間となったことを明かした。

 今季は本格的に先発転向し、右投手ではチーム最多となる8勝(2敗)を挙げ、防御率も2・64と結果を残した。「今年はけがなく1年間、1、2軍関係なく投げ続けたいというのが目的だった。それが達成できたことがうれしかったですし、きょう、契約できたことがまずは一番、うれしい」と充実したシーズンを振り返った。(金額は推定)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ