広島・鈴木誠が球団最高額の年俸3億1000万円で更改

 広島・鈴木誠也外野手(26)が9日、広島市のマツダスタジアム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸3億1000万円でサインした。

 「(球団からは)頑張った、という言葉をいただいた。少し上げてもらいました。ことしはコロナもあって会社的にも厳しい部分があるが、それでも少しでも上げてもらえてよかった」

 2016年の黒田博樹の年俸6億円に次ぐ球団歴代2番目で、昨季4年契約を結んだ菊池涼の年俸3億円(未更改)を抜き、チームトップに浮上した。13年の入団1年目の600万円から1度もダウン更改はなく右肩上がりを続けている。

 プロ8年目の今季は118試合に出場し、打率・300、25本塁打、75打点。5年連続の打率3割は球団史上初、5年連続打率3割&25本塁打は王貞治、落合博満、小笠原道大に次ぐプロ野球史上4人目の快挙で存在感を発揮した。

 赤ヘルの主砲は将来的なメジャー挑戦の可能性について「(球団と)話はしましたが深くはしていない。状況が合えば、タイミングが合えばというニュアンス」と話すにとどめた。海外フリーエージェント(FA)権の取得まであと2年と36日必要で最短は23年シーズン後になる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ