巨人9選手が契約更改 直江は180万円増でサイン 10月に椎間板ヘルニア手術

 巨人・直江大輔投手(20)が8日、契約更改交渉に臨み、180万円アップの年俸750万円でサインした。来季は育成契約を結び、背番号は「54」から「054」となる。

 高卒2年目の今季は8月23日の広島戦(マツダ)でプロ初登板先発を果たすなど1軍デビューを果たした。3試合に先発するもプロ初勝利はお預けとなり、10月に椎間板ヘルニアの手術を受けた影響で終盤はリハビリに専念した。育成からの再出発となる来季は、「手術から3カ月後には他の選手と同じように動けるということだった。少しずつランニングやキャッチボールが始まってきて、今のところは順調。春のキャンプではいつも通り動けていると思います」と見通しを明かした。

 首脳陣からは来季の先発ローテ候補として期待をかけられており、「球団からは(来季の)『新人王をとらせる』といわれたので、そのための手術だったと思う。手術させてもらったので、その代わりに僕もしっかり頑張っていかないと」と意気込んだ。

 この日の契約更改は以下の通り(金額は推定、単位は万円)

山川 310→350

谷岡 1000→825 背番号「013」→「040」

鍬原 1650→1320 背番号「46」→「029」

八百板 460→500

与那原 420→380 背番号「023」→「046」

田中優 330→300

山下 600→510  背番号「99」→「099」

堀田 800→630 背番号「32」→「032」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ