日本ハム戦力外・宮台、満点3連続K 思い出のマウンドで猛アピール

 12球団合同トライアウト(7日)自らと向き合い、これ以上ない結果を残した。日本ハムを戦力外となった東大出身の左腕、宮台康平投手(25)がトライアウトで3者連続三振と猛アピールだ。

 「しっかりと真っすぐを、打者のアクションを見て差し込めるというのが持ち味なので。それはできたかなと思います」

 先頭の堀内(前ソフトバンク)は直球で追い込み、130キロの変化球で空振り三振。勢いのまま、続く小山(前巨人)はこの日最速の144キロの直球で見逃し三振。最後は中村(前楽天)を133のキロ変化球で空振り三振に料理した。

 再出発の地が神宮となり「大学4年生以来。すごくいい球場で、いいグラウンド」と感慨深げに振り返った。神奈川・湘南高から東大法学部を経て、2017年ドラフト7位で日本ハムに入団。1軍での登板は18年の1試合のみに終わった。今季はイースタン・リーグ14試合に登板し、0勝4敗、防御率7・71。NPBの支配下で、もう一度1軍に挑むつもりだ。

 「プロ志望届を出したときから、プロの世界で挑戦するという覚悟を持ってやってきた。この期間はそれを思い出す期間になったし、自分の今のプレーと向き合って、もう一回頑張りたいという気持ちになった」

 このまま引き下がるつもりはない。生き生きとしたボールで、覚悟を示した。(長友孝輔)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ