ヤクルトの村上が年俸1億円の大台到達、球団最年少

 ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が7日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5500万円増の年俸1億円でサインした。球団では、古田や青木らに並んで最速のプロ4年目で大台に乗り、最年少での到達。「目標としていた数字。すごくいい評価をしていただいた」と満面の笑みを浮かべた。

 今季は全試合で4番を務め、打率3割7厘、リーグ2位タイの28本塁打、同2位の86打点と好成績を残し、初タイトルとなる最高出塁率(4割2分7厘)にも輝いた。新型コロナウイルスの影響で過密日程を強いられたプロ3年目を振り返り、「120試合全部出られたことが自信になったし、経験につながってきていると思う」と、満足そうに話した。

 さらなる期待がかかる来季に向けては、「打率3割、30本塁打、100打点を達成できなかったので、そこを最低ラインにしてよりいい成績を残したい」とし、「(大台に)乗ったことで自覚と責任が上から降ってきた。より一層、気を引き締めていきたい」と強調した。(金額は推定)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ