ヤクルト・川端が50%ダウン年俸2000万円でサインも、来季へ「光が見えた」

 ヤクルト・川端慎吾内野手(33)が7日、東京・北青山の球団事務所で契約更改交渉に臨み、限度額(年俸1億円以下は25%減)を超える50%ダウンの来季年俸2000万円でサインした。

 「今年はいきなり手術からのスタートだったので、正直どうなるかなと思ったんですけど、なんとかリハビリをやって、試合に出られたことは本当によかったですね。フェニックス・リーグでも練習もできましたし、すごく光が見えたというか、いい感覚をつかめたので、このオフしっかりと練習して、来年につなげたいなと思います」

 プロ15年目の今季は1月に状態の上がらなかった腰の手術を受け、春季キャンプは自身初の不参加。その後はリハビリを続け、7月上旬に1軍初昇格を果たすと、同25日の巨人戦(神宮)では同点の九回1死満塁からサヨナラの左前適時打を放つなど大きな一歩を踏み出した。

 来季に向けて「今年はあんな感じだったので、いろいろしっかりしないといけないなと思いますし、とにかくバッティングのほうもだいぶ腰をかばってあまりいい打ち方をしていないというか、悪い癖がついている感じがしたので、フォームをしっかりしていきたいなと思います」と川端。背番号5の完全復活が望まれる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ