福留、中日“復帰”の報道にネット民賛否「厳しい意見が多いけど応援してる」「復帰するのであれば模範に」「必要ある?」

 プロ野球の中日が、今季限りで阪神を自由契約になった福留孝介外野手(43)と9日にも入団交渉を行うと、7日付のサンケイスポーツが報じた。復帰が実現すれば14年ぶり。このニュースを受けてネットでは「厳しいコメントが多いけど応援しています」「復帰するのであれば、模範となって欲しい」「活躍できるでしょうか?」「必要あるのかな?」などと賛否両論が飛び交っている。

 7日付のサンケイスポーツは、今季8年ぶりにAクラス(3位)入りを果たし、来季10年ぶりの優勝を目指す中日が福留を獲得する方針を固めたと報道。球団首脳の話として「オファーを出すことは間違いない。今年はコロナ禍の影響で開幕が遅れて調整も難しかったはず。まだ1軍戦力でやれる」とのコメントを紹介している。

 今季の福留は主に代打として43試合に出場。打率.154、1本塁打、12打点と低迷したが、本人は「体は元気。自分の気持ちが萎えなければ(まだ)頑張れると思う」と現役続行を希望している。同紙によると、中日サイドは手薄な左の代打はもちろん、依然として高いレベルにある守備能力や若手左打者の手本として期待しているという。

 同日付の中日スポーツ(電子版)も「阪神退団の福留を“古巣”中日が本格調査」と報道。球団は一振りで試合を決めることのできる代打の切り札として福留を評価しており、「そのスイングや存在感に価値があると結論づけた」「目標に掲げた優勝のピースになると判断した」などと報じている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ